400mL 献血が必要な理由

現在、医療機関からの需要の約95%が400mL献血からの血液です

全国において、医療機関の需要、つまり患者さんが必要とする血液の95%以上が400mL献血由来の血液製剤で、200mL献血由来の血液製剤より圧倒的に多い状況です。
皆さまのご協力により、東北6県では医療機関の需要にほぼ応えることができております。
引き続き400mL献血へのご協力をよろしくお願いいたします。

400mL献血は患者さんの副作用発生の可能性が低く、安全性が向上します

人間一人ひとりの血液は、たとえ血液型が同じでも微妙に違っています。このため、複数の献血者の血液をあわせて一人の
患者さんに輸血するほど、副作用(発熱、発疹など)発生の可能性が高くなります。
400mL献血は200mL献血に比べて量が多いことから、少ない献血者からの輸血を可能にし、安全性が向上します。

輸血を受ける患者さんのために

日本赤十字社では、献血者の皆さまの健康や安全を考慮したうえで、400mL献血のご協力をお願いしております。
皆さまからいただく善意の献血を、輸血を必要とする患者さんに寄り添ったかたちでお届けするため、ご理解とご協力を
よろしくお願いいたします。

献血できる場所について

最寄りの献血ルームや、市町村を巡回する献血バスにて受け付けています。初めての方もお気軽にお越しください。

岩手県内血液メーター

400mL献血

本日の血小板採血予定本数 【A型 8本 O型 8本 B型 7本 AB型 3本】よろしくお願いします

2017年04月24日現在

アイコンの見方

献血に行こう!

4月24日(月)

献血バス

詳細を見る